かつかつBlog

野球に関することを中心にグダグダ書いていたんですが、最近はなんでもあり状態のラクガキです。過去ログは消えてしまいました。
なので王選手の記録などは、跡形もないです。それと好き嫌いと思い込みが激しいので、読んで気分悪くさせたら御免なさい。先に謝っておきます。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
魔球ロワイヤル


RECENT COMMENT
超厳選「野球おすすめサイト」
NPBにもSabermetricsの波が!
野球をもっと楽しくする
新しい視点やヒントが満載の
サイトを集めました。






SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- | | - | -
【産経抄】2月14日
 反逆は若者の特権である。それがまた時代を変える原動力にもなってきた。織田信長も若いころは「大うつけ(ばか者)」と侮られたが、天下布武に突き進んだ。話題のスノーボーダー、国母和宏はどうだろう。やっぱりただのうつけにしか見えない。  ▼国母クンは、サングラスをかけてネクタイを緩め、ズボンをずり下げてはき(「腰パン」というそうだ)、シャツのすそを出して成田からバンクーバーに飛び立った。昭和風の言い方をすれば、チンピラ・スタイルである。  ▼最初の記者会見も大いに笑わせてくれた。服装について聞かれると「チッ」と舌打ちし、「反省してま〜す」とまったく反省していない様子で受け答えしていた。これでは日本オリンピック委員会(JOC)に苦情電話やメールが殺到するのも無理はない。  ▼開会式の入場行進が、土曜昼だったのを幸い、小欄もテレビ中継につい見入ってしまった。誰かシャツを出していないか、腰パン男はいないかと。スノーボード・ハーフパイプなるものがどんな競技かもだいたいわかった。恐るべき国母効果だ。  ▼そういえば、腰パン・シャツ出しで、街中をブラブラしている中高生は結構多い。お世辞にも頭が良いとはいえなそうな子供たちばかりだが、先生もサジを投げているのだろう。親の顔がみたいと言いたいところだが、お前はどうだと言われそうなのでやめておく。  ▼鉄は熱いうちに打て。だらしない格好やぞんざいな言葉遣いは、心と生活の乱れにつながる。小学校高学年までに、祖先を敬い、友と仲良くし、故郷を大切にする心をはぐくまないと日本中、国母クンだらけになってしまう。日教組出身の民主党大幹部、輿石東先生はよくわかっておられるとは思うが。


産経はなんでも書けるのね。


アマチュア限定の大会のみで好成績をあげていた事実を理解しておらず、
長野やトリノ五輪あたりでも「メダルか」なんて、日本のスノーボード界は一時持ち上げられたこともあった。
しかし、五輪での惨敗後、成田兄妹はじめすっかりメッキがはげてしまった感じで
スポーツニュースの舞台から失墜して久しい。

どうやら、依然その状態は変わらないようですが、
レジャーとしての地位は完全に固めていますし、この騒動の件もあってきっと注目も集めるでしょう。

参加選手の名前くらいはどっかできいたことはあるけど、誰もよく知らないし、各選手への思い入れはまったくない。
何より、私自身スノボーをまともにやったことないしね。
けれども一人くらい入賞レベルになれるといいですね。

それにしても昨日の葛西紀明のノーマルヒル、残念だった。
メダルは難しいのはわかってるけど、それにしても固かった。
リレハンメルだっけな、原田の失速の時から、日本ジャンプ陣で一番好きなのは葛西。
素敵な笑顔で原田を慰めていた姿が忘れられない。
しかし、その天才・葛西が、五輪で金メダル無しってのはどうにもいただけない。
それが五輪なんだろうけど、どうにも不公平な感じでかわいそうでならない。

金メダルが無理なのはわかってるけど、おそらく最後の五輪、ぜひ頑張ってほしい。
もちろん、岡部にも。
団体銅は狙えるレベルにあるのかなあ。


amazon 注文料の制限なしで全品送料無料って・・・
これは、もう、どうなるんだろか。。。
日本の小売・運送業界はどうなってるんだ?


電子レンジ
別に壊れたわけじゃないんだけども、
確か飯田橋でSOHOを開いたときに買った実働12年余りの電子レンジの見た目があまりにヒドイし、
ここ数年興味がある商品ではあったので、数日前にスチーム式オーブンレンジを買ってみた。

で、使ってみたけど、やっぱメイド・イン・ジャパンはスゲーなのひとこと。
いや別にどの国製でもいまどきのレンジはどれでもできちゃうんだろうけど
何より飲み物をレンジで温めるという習慣があまりなかったので(昔のレンジでも当然できていたらしいが)
その便利っぷりには驚かされるばかりだ。

ターンテーブル?がないのにもびっくりだが、レンジで唐揚げまでできるってのはどういうことなんだかほんとよくわからない。


しかし、今さっき、問題が発生した。

夜中に小腹が減ったので、トーストでも食べようとレンジにセットしたんだが、ありゃ古いレンジにはあったトーストのボタンがない。
説明書にも何も書いてない。

で、ネットで検索してみると、いまどきのレンジでは「トーストが焼けないのが当たり前」だそうな。

そんなことも知らんで生きてきたのが少しばかり恥ずかしいわけだが
まあ、無駄なカロリーを捕らずに済んでよかったかと少し思い直しているw


しかし、トースターはびっくりするほど安いようなので買うのはかまわないんだけど、置く場所がないんだよなあ。
これがまた。


で、レンジの話じゃないんだけども、大型電気店に買い物にいったとき、ついでにたまったポイントで買える範囲で、寝室用の壁掛け時計売り場も見た。
どう考えてもインチキくさいナノイーだかいう空気清浄機も買っていたので、12000円分ほどのポイントがたまっていたんだけど、
見たところ派手派手なカラクリ時計でもなければ、それなりのものは買えそうな雰囲気。

嫁はいつもこの季節のどが痛いというし、
「温湿度計やカレンダーなんかもいるかなあ」なんて話していたんだけど、「ハッ」とあることに気付いた。

温度、湿度をデジタル表示している時計がずらりと壁にかけられているわけだけど、
時刻は昨今の電波時計とやらで全部きれいにそろっているわけだが、温度、湿度表示がびっくりするくらいバラバラだったのだ。
隣同士に並んだ同メーカーの時計でも2度とか3%とか違ってるし。。。
照明や空調などの加減もあるのかもしれんけど、隣同士だぜ。。。

で、結局、温度・湿度表示のない、秒針音のない普通のやっすい電波時計をポイントで交換してもらいました。

ともあれ、日本の景気のために今年はなるべく日本製品を買いまくってやるぞ。
俺ができる社会貢献はそれくらい。


しかしながら、不動産はいまだにどうも買う気になれない。
別に利殖をふまえて買うなんてことは考えてはないんだけど、頭のどこかで誰かが「買うな」と叫ぶ。

なので、当分の間は、賃貸生活が続く。

もちろん、今まで支払った家賃総額を考えるとブルーにはなるんだけども。


とりあえず本年終了
2008年は世界中が悪夢に襲われたが
2009年は一転、どうにか生き残りファイティングポーズをとかなかった者には天国のような状況となった。

個人的には、若干、手を緩めたのが悔やまれるが、まあ上出来。


家族構成も変わった今、より慎重にならざるを得ないが、賭けている先がそう慎重なところでもないのが懸念といえば懸念。
でも、取得価額はほとんどが半分だ。どうにかなるだろう。

とにかく日本の未来は暗い。多分、駄目だろう。


いまさらだけど、私にとってはネットショッピング元年の年だった
家族に子供が一人加わった私にとって、ネットショップは本気でありがたかった。

アカウントだけ作って長年放置していたアマゾンにも楽天にも今年いくら使っただろう?
ヨーカドー、西友、イオンのネットスーパーもかなり利用させてもらった。

アマゾンの株価をみると、今年になって第一次ITバブルのあの株価を今年抜いたというのだから驚き。

うちの子供一人のおかげでそんなにまで利益に貢献したのかと思うと実に感慨深い。
などというつまらない戯言はさておき
こうした新しい息吹が本物になるまでは10年程度はかかるんだなとちょっと思った。


ちなみに私が買いだめしたせいで値上がったのではないかと本気で思ってしまったのがコレ「Gallop! Cards」。
マジでこれはいい。老若男女問わずプレゼントに贈れる最強アイテムでは?
クリスマスは過ぎちゃったけど、いっつもプレゼント選びに頭を悩ませている方は、円高のうちにどうぞ。



ちなみに突然アマゾンのアフィリエイト広告を貼っていることに意味はなく、なんとなくの流れです。
そもそも稼げるほどのアクセスもないのでw


これはマジですごいな
歯の本数とウ●コと屁だけは一人前の10か月の息子をこいつに乗せたら、トイレにて、一発でウン●した。



なんか、うれしい。

しかし、うちの息子は、近所の同月齢の女の子(すでに歩き回るし、いろんなお返事もできるし、一回り大きい)にいつも泣かされている模様。
●ンコ部門では一歩リードしただろうが、どうも並んだ姿に小物感が漂う。

どうしようかな。


親で迎えたオーラス点棒600点から役満連発
どうでもいいけど、天鳳の特上サンマでオーラスまでボロ負けで、
リーチさえかけられない状態から、役満2連発で逆転したw

1発目は、クソ配牌だったけど鳴きまくって清老頭ツモだった。
2発目は、カンドラ3枚追加オープン状態(カン裏もつく)で、リーチドラ13だか14だか15だかで 先にリーチをかけていたトップ目からロン上がり。

オーラス箱テン間際での大逆転は勝ちも負けも何度もあるけど、こういう形は初だ。
1円にもならないことだけど、なんだかうれしかったので。


北が花牌扱いにもなる天鳳ルールのサンマはかなり面白い。


ノープラン
今月初め頃から、長男のオットセイやアシカのようなズリ這いが進化を遂げ、
本格的なハイハイ(高這い)や伝い歩きができるようになった。

誰もが通る道なんだろうけども、おかげで息子が、頭を床や壁、扉、箪笥などにぶつける回数が飛躍的に増えた。

捕まり立ちから尻餅して座る方法もどうやら自分なりに工夫している様子はあるんだが、
それでもアホなのか、あるいは誰かに似て鈍いのかわからんけども、これでもかというくらい同じようにすっ転び、
後頭部を床に打ち付けゴツンというイヤーな音を部屋中に轟かせたのち、一拍おいてから爆発的な泣き声をあげる光景が一日に何度も起こるようになった。

さすがに、頭はヤバイよなってことで、部屋中に1片30cm四方のプレイマットを敷き詰めることにした。
(よだれも凄いし、飯はこぼすし、ウンコしたときのおむつ替えでナニが漏れるのも日常茶飯事なんで、そんなときに簡単に拭けるメリットもある)

で、ちょっとおしゃれなモノトーン調のとかコルクのものとか、何を買うか一瞬だけ迷ったんだけど、
結局、消耗品に過ぎないってことで、値段優先で一番安い原色系のカラフルなヤツにした。
とりあえず廊下と寝室兼子供のメイン遊び場に150枚くらい購入し、昨日それが宅配便で届いていた。

んで、今日の朝からそれをゼーゼーいいながら敷き詰めたんだけど、まあ、見事に部屋の中が賑やかになった。
センスの無さを気にするレベルで無いくらいの突き抜けぶりなので、逆にうれしくなってしまうほどだ。

子供は、敷き詰められたそのあきらかに毒まみれの安っぽいウレタンの角をことあるごとに齧るのだが、
頭を打つよりはマシだろうといちいち毎回注意してられない。
注意してもどうせまた思い出すごとにマットの角を齧ってるのだ。
一箇所ジグソー状の組合わせ部が明らかに噛み千切られているのが気になるが、その欠片が長男の胃袋にないことを祈るだけだ。

で、午後から、昨日行くと決めた動物園に行ったわけだが、そこで最高のシャッターチャンスというか動画チャンスで操作を誤ってしまった。
嫁にこう言われた。
「もし、私がミスってたらアンタにどんな皮肉を言われたかわからない」。
その通りだと思いつつ、サル山では「ほらお母さんがいるよ」などといらぬ台詞を吐きながら、疲れまくって帰路へ。

その後のALCSの結果を確認し、ネットやメールを一通りチェックした後、
なんか申し訳ない気持ちもあるので、ここ数ヶ月の課題であったノンブランドの合皮ソファーのひび割れ修繕に着手。
合皮生地とホチキスの王様みたいのとボンドはすでに買ってあった。

材料だけは買っておいたものの修理の方法なんてのはよくわかってない。生地の採寸もしてない。
適当に生地にハサミを入れ、適当にボンドを塗り、適当にホッチキスの王様でガツンと止めてやった。

細かいところを気にしなければ、自分でも驚くほど意外にうまくいった。


てな具合のそんなノープランで行き当たりばったりな毎日が続く。

ノープランといえば、COOLPIX S1000pjを衝動買いしたい気持ちが抑えきれないんけど、これ壊れやすいかなあ。
ありがたいことに発売までまだ一週間あるので少し冷静に考えられるかもしれない。


風車を作るんだと話すと、だれもがぼくを笑った。
あいつは頭がおかしいといううわさが、村中に広がった
マラウイの少年、独学で風力発電に成功 7年かけ

(CNN) 干ばつに苦しむ東アフリカ・マラウイの貧しい村では、何もかもが不足していた。赤土の大地はひび割れ、作物の枯れた畑をただ風だけが吹き抜ける。この風を使って、村に電気を起こせれば――。そう思い立った少年が、たった1人で作業に取り掛かった。それから7年、村では少年の作った風車5台が回り、電動ポンプが水を送り出している。

ウィリアム・カムクワンバ君は、首都リロングウェ北郊の村で育った。02年の干ばつで、農業を営んでいた父親は収入を失い、当時14歳だったウィリアム君の学費さえ払えなくなった。退学したウィリアム君は図書館で時間を過ごすようになり、そこで風力発電について書かれた本と出会う。「本に写真が載っているのだから、だれかがこの機械を作ったということ。それならぼくにも出来るはずだと思った」と、ウィリアム君は振り返る。

材料は、ごみ捨て場から拾ってきた自転車の部品やプラスチックのパイプ、プロペラ、車のバッテリー。タービンを支えるポールには、森で採ったユーカリの木を使った。「風車を作るんだと話すと、だれもがぼくを笑った。あいつは頭がおかしいといううわさが、村中に広がった」

続き





ホント、ネットのおかげで世界中のすごいことやひどいことを知る機会が鬼のように増えたわけだけど
反面いろいろ思い知らされもするよなあ。

小さな子供たちはどんなことに気づいていくんだろう。



大天才?が逮捕
配当160億円所得隠し 競馬予想プログラム会社に指摘 東京国税局

関係者によると、同社は出走馬の血統や天候など各データを使って独自の競馬予想プログラムを開発し、結果を予想。ただ、実際には倍率に応じて掛け金を変えた上で、ほとんどの組み合わせの馬券を購入。1レースで数億円を稼ぐなど巨額の利益を得ていたが、税務申告していなかったという。

この脱税した人、まさに大天才ではなかろうか?

記事を読み違えてなければ、競馬の馬券を当てて、1年平均50億稼いだってことになって、すごすぎるんだけど。
実際に馬券を当てて儲けるシステムを作るなんてのは、株の売買プログラムなんかより数倍も難しいだろうし、 ノーベル賞とれるんじゃないか?
前エントリーと無理矢理つなげれば、まさにこの人をGMに招くべきではないだろうか。



追記

外れ馬券の損失が当たり馬券の利益と相殺されるわけでもないので、そもそも本当に純利としてそれだけ儲けたかどうかは定かではないんだな。
コレに関しては、そもそも課税の仕方がおかしいんだ。

などと思ったんだけど、朝日新聞はじめまじめに論評する人もいるのでやっぱりなんともいえない。保留。

ともあれ、馬券はトントンでも奇跡的なので本当ならものすごい。


| 1/11P | >>