かつかつBlog

野球に関することを中心にグダグダ書いていたんですが、最近はなんでもあり状態のラクガキです。過去ログは消えてしまいました。
なので王選手の記録などは、跡形もないです。それと好き嫌いと思い込みが激しいので、読んで気分悪くさせたら御免なさい。先に謝っておきます。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
魔球ロワイヤル


RECENT COMMENT
超厳選「野球おすすめサイト」
NPBにもSabermetricsの波が!
野球をもっと楽しくする
新しい視点やヒントが満載の
サイトを集めました。






SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- | | - | -
毎年、正月特番を見るたびに思うんですけど
毎年同じことを書いているかもしれないけれども
とんねるずの「リアル野球盤」や「女子ソフト上野投手との対決」なんかを見るたびに
プロ野球選手(打者)はどうしてこうも下手クソなんだろうと思ってしまう。

今年は、12球団のなかでもかなり打撃技術が高いと思っている内川聖一がどちらの番組にも出演していたが、 見てるこっちが恥ずかしくなるほどさっぱりだった。
もちろん、おちゃらけた気持ちでやっているのはわかるけど、それにしてもという感じ。

昔、今とほとんど同様の条件でリアル野球盤で打撃を披露したボンズは、
スイングすればほとんどがホームランだった。
空振りやファールなんかもそうしなかった記憶がある。
確かそれはアメリカでのロケだったが、番組の趣旨も当日まで何も理解してなく、
何の準備も用意せず、借りたバットで次々にホームランばかりを打ちまくっていた。
もちろん、日本の野球選手と薬物ボンズとを比べるのはおかしいのかもしれないけど、
根本的な技術の違いが明らか過ぎてブルーになってしまう。

王さんがリアル野球盤を現役時にやってたらボンズと同じくらい打てたのかな?

女子ソフトの上野投手との対決もそう。
鉄平、内川、多村が挑んでいたけどまるで駄目。
去年、横浜の村田が二度対戦して二度とも空振り三振だったよりもマシと言えばマシだけど、それこそまさに五十歩百歩。
どうも本番前に皆練習しているようだから、お約束で打たないわけじゃないようなのにアレかよと。。。

ああいうのを見ると、少なくともプロ野球とソフトボールは、
バレーとビーチバレー、サッカーとフットサルのような関係にあるとはいえないようで。


てか、打撃力向上のために打倒・上野由岐子をスローガンにするといいんでないかな?
いろんな効果があると思うぞマジで。


と思うほどの結末でしたが、それでもこうして特番では野球をメイン扱いにして時間を割いてくれる現状はありがたい限り。
とはいえ、そのテレビ自体も本格的にヤバい時代になりましたけどね。どうなるんだろか。


ゴルフのドラコン L1グランプリを見ていて
日曜の昼間、テレビをつけたらプロゴルファー達のドライビングコンテストをやっていた。
L1だっけかな。そんな呼び名で開催され、石川遼も参戦していた。

昔、一本足打法でぶんまわす滝?とかいう選手が飛ばし屋で有名だったと思うけど
今でもそういうドラコン専門?の選手は大勢いるようで結構楽しめた。

1位、2位は400ヤード超えという驚愕の記録をマーク。
夏目雅子の弟の小達プロの名を十数年ぶりに目にしたが上位の成績で健闘していたようだ。結構な歳だろうに。
注目の遼君も確か367ヤードほどかっ飛ばして6位くらいにランクされていた。


で、見てて、なぜかこう思ってしまったんだけど
野球ってというか「プロ野球って、パー5のホールだけしかないゴルフ」だなあと。
やっぱり野球は競技として歪(いびつ)すぎるなあと。
その点、ゴルフはすごいわと。

・・・なんて、パワーのない選手が嫌いな私が、こんなことをほざく様のほうがもっと歪なんだけどねw

ま、どうでもいいか。


イチロー・松井対談
日本シリーズ進出チームがセパともに決定するかという、おそらく盛り上がっているであろう日本プロ野球のCSを横目にイチローと松井秀喜の対談番組をYouTubeで6年ぶりに観ていた。
Part12まで一気に全部みた。




収録の翌年に互いにMLBで自己最高の成績をあげることになるわけだけど
今あらためてみると、野球観の違いがここまでの成績やプレイスタイルにも如実にあらわれているのがよくわかる。

6年前には一切気にも留めなかったことだけど、松井秀喜が高校時代にファーストもやっていたという事実にちょっとだけときめいた。


それと関係ないが先月購入したマシンを昨日Windows7にアップグレードした。
特に問題なく移行できたが、なぜか、ブラウザが落ちまくる。

またぶっ壊れたDELLのマシンが2度の修理を経て、PCケース以外のほとんどが交換されることになり、ピカピカになって帰ってきた。
おそらく故障の原因は、安い部品の問題だけでなく、俺のヤニ攻撃もあったろうにラッキーだった。
4年保証の3年10ヶ月目でこんなに生まれ変わるとは。親戚にあげる予定。


「城島は誤解されている」マリナーズ投手が語る退団劇
ローランド-スミスへのインタビュー記事が出てた。

当たり前のことが当たり前に書いてあるだけだけど
DETに移籍後、極端に防御率が悪化した洗濯板野郎にもインタビューをしてきてくれたまえ。


やっぱり菊池雄星は
パのCSはなんか役満や100万馬券を当てるより難しそうなものすごく美しい試合があったようですが、 また菊池遊星のこと。

佐々木主浩と城島健司の悪しき前例のせいで、マリナーズスカウトからは厳しい声が飛んでいるようですが、
リーグの利益どうのこうの抜きに純粋に菊池の将来だけを考えると
やっぱり、メジャーで活躍したい気持ちがあるなら、投手を望むならば、寄り道しないでいったほうがいいのかもなあ。

MLBに行きたいという気持ちは消せはしないだろうし、そんな状態で日本の球団に入団するメリットは、
トッププレイヤーまでの競争率が低く、目先ちやほやされやすいってこと以外には見当たらないかも。

NPBでFAやポスティングがとれるまでの長きの間、週1回で100数十球放って完投なんてスタイルを染み付かせたところで
(MLBのロースター枠が近い将来日本並みに増えるとは思えないし)、将来的にどうなのよってのがあるよなあ。

道半ばで誰かさんみたいに故障するのももったいないしなあ。
でも、こんな報道もあるし「雄星米断念、進路は国内週末にも表明へ」国内なのかな。

まあ、好きにすればいいんだけどね。



で、城島は阪神がものすごい額を用意しているようで、
あと1年でもらえたはずのMLB年金まで棒に振っているので、その分までも補填してやるつもりなのかな?


花巻東の菊池雄星
もちろん自分の進路は自分で決めればいいわけですが
日本野球界にとっては、菊池雄星はそんなに積極的に獲りにいかんでもいいのではないかなとちょこっと思った。

「行くor行かない」が、あからさまに「(能力的な意味合いで)行けるor行けない」なんていうふうに
捉えられる未来になったりするのも気持ちよいもんでもないし。

でもまあ、そんなこと言って諦めるには惜しすぎる人材ではあるんと思うんだけどね。



と日本野球のことを考えてるかのようなことをいいつつ、私自身、びっくりするほど日本の野球に疎くなってしまった。
野球の洗礼を受けて以来、もっともプロ野球をみなかった1年になったのは間違いない。
今シーズン抜群の成績を残した中日の2人のタイトルホルダーである
チェンと吉見一起の投球を今回のCSで見たけど、二人のピッチングの何がいいのかよくわからなかった。

好投手であるのは間違いないんだろうけど、そこまでの好成績をあげるほどの圧倒的なボールや技がどこにあるのかがわからなかった。
おそらく打てそうで打てない球速以外の微妙な何かがあるんだろうけど(現にヤクルト打線は打ちあぐねていたし)
野球眼の足りない私にはその何かを読み取れなかったです。

二人が本調子ではなかったのかもだけど、そういう意味では、これは、文字通り悪い意味でヤバイと若干思った。
(ナンバー1選手、特に圧倒的成績を収めた選手にはわかりやすさが必要だと思うので)


とはいえ、それでも客はどの球団も結構入ったようなので、
プロ野球は絶対的な意味でのレベルの高低を問わない道をしっかり選んだのかもしれないとも思った。
言い換えれば、地域密着が成功した証がそこにあるんだろうし、存続の目処もそこそこついたという結果の現れなんだろうけど、
それだけで進むなら、残念なことに私のように「プロ=凄い」という方程式だけで快楽を覚えてきただけの
俄かファンはここで完全に脱落してしまうのかなとぼんやり考えもした。





鹿児島のイチロー
1試合で2度牽制死してサヨナラHRのイチローもすごいけどこっちもすごい。

活字で目にしたことはあったけど、同じ球が同じようにくるとはいえ、こんなに正確に打つんですね。
(こっからが本番の一声のあとは編集してないですよね?打球がちょっと怪しくみえないこともないけど)




-----追記
やっぱり残念ながらどうみても加工してありますね。これは。本人に失礼ですね。


ノムさん
打者の対応型

 野村監督は、打席での打者の対応のしかたを以下の4タイプに分けて分析している。

 【A型】特にヤマを張らず、直球に重点を置きながら変化球にも対応しようとするタイプ。
 【B型】内角球か外角球か、狙う球のコースをどちらかに絞り込むタイプ。
 【C型】打つ方向を、右方向か左方向かに決めるタイプ。
 【D型】直球か変化球か、球種にヤマを張るタイプ。



タイプを分けるのはともかく何を分析しているんだろう?
リンク先の記事は打者目線で書いてるけど、1打席毎の捕手目線(てか投手目線)っていうヤツなのでしょうか?

ま、目的は、なんでもいいけど、考えて野球してる感はなんとなく魅力的ではある。
なーんも考えてない感は、競技者や競技そのものの位がちょっと下がる感じなのもよくわかる。
考えた挙句になんも考えないという選択は、普通のなんも考えてない感と区別できるのか微妙。

たぶん、そのときはわからないでしょう。


98%の確率でお金がもらえるが、2%で死ぬボタン
98%の確率でお金がもらえるが、2%で死ぬボタン


50打席に1本ホームランを打つ年間10本塁打くらいの打者の気持ちで挑むといいかも。

いずれにしてもセンスが際立つコンテンツです。


説得するには、簡易に実体験させるのがいいですね。



簡単なログも16回分までは残るみたい。
とりあえずこんなかんじだった。
回数 39,93,99,98,71,54,182,51,17,66,65,44,65,50,35,70 (平均:68.6875)
――――
金額(万) 1166,7092,7572,6956,3930,2471,25127,2445,243,3059,3468,1639,3701,1984,954,3820 (平均:4727万円)


ちょいと検索してみると 作る手間に2時間かかったらしいけど、メイド・イン・2chなのね


五輪や世界陸上だって
その地までいっても、体調が悪ければ、その無念を表現しようもないけども選手は棄権を選択する。

今世界陸上もそうですけど、そんな光景は当たり前のように毎大会あるわけです。

が、高校野球、甲子園球場の現場では、無理しても出たい
「たとえもう投げられなくなっても」と球児たちは出場の意思を見せる。

で、それは若気の至りで仕方ないんだけど、監督は違うだろ。


なんで「色気」を出して登板させるんだか・・・。


毎度、毎度、毎度、毎度ながらにそう思う。



プロで凄い成績を残せた選手はもっともっともっともっといたはずです。



| 1/8P | >>