かつかつBlog

野球に関することを中心にグダグダ書いていたんですが、最近はなんでもあり状態のラクガキです。過去ログは消えてしまいました。
なので王選手の記録などは、跡形もないです。それと好き嫌いと思い込みが激しいので、読んで気分悪くさせたら御免なさい。先に謝っておきます。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
魔球ロワイヤル


RECENT COMMENT
超厳選「野球おすすめサイト」
NPBにもSabermetricsの波が!
野球をもっと楽しくする
新しい視点やヒントが満載の
サイトを集めました。






SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- | | - | -
松井秀喜エンゼルスへ 赤といえば「アントニオ猪木だった」
子供と遊んでいるほうが面白く、ブログを放置していましたが、ついに松井秀喜ちゃんの去就が決定。

年俸半減となる単年650万ドルの契約は、思っていた下限ぎりぎりのところでしたが
エンゼルスは格安で松井をゲットできてよかったですね。
んでも、もう今ではディズニー(=ESPN)は経営から離れているようなので、
ヤンキースほどおいしい商売とはならない感じですが、それでもまあ間違いなくよい買い物。

一方ヤンキースは、ビジネスライクとキャッシュマンが批判されているようですが
それは全然逆で、ヤンキースは大損失でしょう?

球団単体の収益にはさほど影響しないでしょうが、
YESほか傘下子会社のいわゆる隠し財産となってる連結決算のほうではそれなりに大きな影響があるでしょう。
ビジネスに徹するなら、何はなくとも再契約しなければならなかったのではないかと思う次第。

まあ、結局はヤンキースは馬鹿ってことでいいのではないでしょうかね。

松井秀喜の膝の状態は誰にもわからない。
これまで、何度も何度も大枚はたいてポンコツ選手を入団させたヤンキースの見解が正しいなんて微塵も思わない。

むしろ、自分を主張せず奥ゆかしい松井秀喜の発言を理解できず、そして反面内に秘めた頑なさも理解できるわけもなく
さらにはどうもプチスランプを繰り返してしまう松井の調子をみて勝手に脳内変換して
松井を守備プレイヤーとして考えない、DH専念に固執しすぎたような気がする。
7年もつきあって、その選手の性格も理解せず、まともに契約交渉する前に
最安値でかっさらわれるなんてちゃんちゃらおかしくて超笑えます。
ある意味、ヤンキースこそ、ファンタジーゲームのしすぎじゃないですかね?

ついでにデーモンもいなくなりでもすれば来年のヤンキースは、
今年チーム本塁打記録をマークしたように、きっとチームの年間三振新記録でも作って、
野球のつまらなさを広くアメリカ中に喧伝するしょうもないチームになることでしょう。

日米問わず野球界は、野球というゲームの面白さがすでに担保されているなんて考えてたら、大やけどをしますよ。 勝利なんてもんははかない命で、二の次のことでしょう?

松井やイチローは対日本マーケットってことだけでなく、野球を面白くできる貴重な存在なはず。
来年からは、早朝からでなくまっ昼間から西海岸で寄りでMLBを楽しみましょう。
まあ、パソコンの小さな画面専用になっちゃいそうだけどね。
にしても、世界ナンバー1クラスの左右Pを擁することになったマリナーズは強そうだなあ。


個人的なベストなシナリオとしては、松井秀喜にはまたLFととして、驚くべき成績を残し、再来年、日本に帰ってきてもらうことかな。
42、3歳くらいまでなら、余裕でやれるでしょう。


スポンサーサイト


- | 05:03 | - | -
コメント
from: 通りすがり   2009/12/18 8:34 PM
突然おじゃまします。
ジャパンマーケットの放映権や広告に関する収益は完全に機構のものらしいと聞いていますが、日本への放映権関連で子会社が収益をあげているというソースはありますか?よろしかったら、教えてください。

>ある意味、ヤンキースこそ、ファンタジーゲームのしすぎじゃないですかね?
確かに。バランスシート経営偏重も度が過ぎればやがて滅ぶでしょうね。
from: masaka2   2009/12/18 11:48 PM
通りすがりさん、いらっしゃいませ。

いや、ソースはないんですが、普通に考えて(というか短絡的に考えてですがw)放送局が作った映像の二次使用権がフリーってことはありえないんじゃないと思うんですね。
バーチャル広告に関しても、日本向け用放送に応じて手間をかけて対応するのは、どう考えても放送局&広告会社であり(機構の傘下企業があるとしても、その部分だけを行うなんてできないですよね。そんな体制は無駄だし…)、それを無償で行っているとは思えないのです。

またヤンクス戦とその他カードでは広告の売れ行きも結構な差がありましたから、
(マリナーズ戦は球団公式サイトやMLBのものが多かった=日本で枠が売れなかった)
そうした事情を完全無視で100%機構徴収なんてのは、アメリカの常識的にはありえないのではないのかなあと思いました。
どういうお金の流れにしろ、せめて1〜3割程度は担当企業に入るような気がするんですが。

という妄想です。

>確かに。バランスシート経営偏重も度が過ぎればやがて滅ぶでしょうね。

これも単純な話、たとえば、もっともパフォーマンスがいいのがパッシブ投資だからといって、全員がインデックスだけに投資していたら、市場の効率性はなくなっちゃいますし、市場自体が魅力的でなくなってくると思うんです。

さらにたとえるなら、日本の野球の場合は、現時点ではまだ効率性がない感情むき出しのアクティブ投資なので、それも大いに役立つでしょうが、といって行きつく先がどうなんだろうと考えるとまたいろいろ難しいですよね。

実態は、社会主義的な米野球ともろに資本主義の日本野球ではあるので、ふさわしいたとえじゃないとは思いますけども。
そんなふうな感じです。

ともあれ、テキトーなこと書いてすみません。
ソースはないです。
コメントする