かつかつBlog

野球に関することを中心にグダグダ書いていたんですが、最近はなんでもあり状態のラクガキです。過去ログは消えてしまいました。
なので王選手の記録などは、跡形もないです。それと好き嫌いと思い込みが激しいので、読んで気分悪くさせたら御免なさい。先に謝っておきます。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
魔球ロワイヤル


RECENT COMMENT
超厳選「野球おすすめサイト」
NPBにもSabermetricsの波が!
野球をもっと楽しくする
新しい視点やヒントが満載の
サイトを集めました。






SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- | | - | -
オフの恒例
さすがにヤンキースもそこまでアホじゃなくて、ベイやホリデイを獲りにはいかなかった模様。
ある意味笑える打線にならなくて残念ではあるけど。
松井秀喜の代わりなどできる選手などいるわけもないのだから、とりあえず打撃だけでもという悲しい選択かな。
まあ、バブルの終わりのはじまりが3年早く来たということでしょう。


ニック・ジョンソンは2003年も見続けた松井ファンなら誰しも覚えているだろうけど
MLBにはこんな凄い打者が若手にいるのかあと一番カルチャーショックを受けた打者でもあった。

ジアンビのように選球眼+駄目な時は球にかすりもしない天性の才能のおかげで結果爆発的に四球を稼いだのとは違って
ほんと振らねえなコイツとバーニー以上にそれを強く感じた打者だった。
もちろん、反面、松井以上に地味すぎて面白くもなんともない打者でもあったけど、
まあ、ソリアーノと対照的な意味でMLBの打者はやっぱり半端ないわ、
松井秀はなんで打てねえんだと頭を抱えていたのが懐かしいわ。


さて、松井の流出にあたって、松井はチャンスに強いクラッチだったというNY現地のコメントがあちこちで見受けられる。
チャンスに強い打者の有無を調べることも間接的にチーム補強に役立つことなんだろうけども
なぜ人がそのように感じてしまうんだろうということは、きっとそれ以上に重要なんでしょう。
松井は少なくともそういう意味では、残した数字の評価がどうであれ、きちんと自分の存在証明をできたという評価をしていいのかもしれないかな。

まあ、でも俺のような馬鹿ファンからすれば、物足りないにもほどがあるけども。

内藤・亀田戦や、ウッズなんかのしょーもないニュースを見たり、 なんとなくだけど野球だけでなく、プロのスポーツ市場はもうピークを超えてしまった感じ。
MLBも電通がどんな契約を新規で結んだかしらないけど、
日本からのお金がこれ以上、多く流れることはもうないんじゃないかな?てか、ない(断言)。

ネットがどんなに発展しようと、他業界と違って少なくともスポーツの世界では
プロとアマの垣根には超えられない壁があると思ったけど、なんか違うところから崩れてる感じ。
もちろん、百貨店やメディアほどではないけどね。
憧れがどんどん薄くなって、ただの身内贔屓みたいな仕組みになってしまったら、ホント俺にはつまらんものになるわ。
そのほうが延命できるかもしらんけどさ。
オフは毎年いつもそんなふうに思ってしまうわけだけどねw


スポンサーサイト


- | 06:35 | - | -
コメント
コメントする