かつかつBlog

野球に関することを中心にグダグダ書いていたんですが、最近はなんでもあり状態のラクガキです。過去ログは消えてしまいました。
なので王選手の記録などは、跡形もないです。それと好き嫌いと思い込みが激しいので、読んで気分悪くさせたら御免なさい。先に謝っておきます。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
魔球ロワイヤル


RECENT COMMENT
超厳選「野球おすすめサイト」
NPBにもSabermetricsの波が!
野球をもっと楽しくする
新しい視点やヒントが満載の
サイトを集めました。






SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- | | - | -
【産経抄】2月14日
 反逆は若者の特権である。それがまた時代を変える原動力にもなってきた。織田信長も若いころは「大うつけ(ばか者)」と侮られたが、天下布武に突き進んだ。話題のスノーボーダー、国母和宏はどうだろう。やっぱりただのうつけにしか見えない。  ▼国母クンは、サングラスをかけてネクタイを緩め、ズボンをずり下げてはき(「腰パン」というそうだ)、シャツのすそを出して成田からバンクーバーに飛び立った。昭和風の言い方をすれば、チンピラ・スタイルである。  ▼最初の記者会見も大いに笑わせてくれた。服装について聞かれると「チッ」と舌打ちし、「反省してま〜す」とまったく反省していない様子で受け答えしていた。これでは日本オリンピック委員会(JOC)に苦情電話やメールが殺到するのも無理はない。  ▼開会式の入場行進が、土曜昼だったのを幸い、小欄もテレビ中継につい見入ってしまった。誰かシャツを出していないか、腰パン男はいないかと。スノーボード・ハーフパイプなるものがどんな競技かもだいたいわかった。恐るべき国母効果だ。  ▼そういえば、腰パン・シャツ出しで、街中をブラブラしている中高生は結構多い。お世辞にも頭が良いとはいえなそうな子供たちばかりだが、先生もサジを投げているのだろう。親の顔がみたいと言いたいところだが、お前はどうだと言われそうなのでやめておく。  ▼鉄は熱いうちに打て。だらしない格好やぞんざいな言葉遣いは、心と生活の乱れにつながる。小学校高学年までに、祖先を敬い、友と仲良くし、故郷を大切にする心をはぐくまないと日本中、国母クンだらけになってしまう。日教組出身の民主党大幹部、輿石東先生はよくわかっておられるとは思うが。


産経はなんでも書けるのね。


アマチュア限定の大会のみで好成績をあげていた事実を理解しておらず、
長野やトリノ五輪あたりでも「メダルか」なんて、日本のスノーボード界は一時持ち上げられたこともあった。
しかし、五輪での惨敗後、成田兄妹はじめすっかりメッキがはげてしまった感じで
スポーツニュースの舞台から失墜して久しい。

どうやら、依然その状態は変わらないようですが、
レジャーとしての地位は完全に固めていますし、この騒動の件もあってきっと注目も集めるでしょう。

参加選手の名前くらいはどっかできいたことはあるけど、誰もよく知らないし、各選手への思い入れはまったくない。
何より、私自身スノボーをまともにやったことないしね。
けれども一人くらい入賞レベルになれるといいですね。

それにしても昨日の葛西紀明のノーマルヒル、残念だった。
メダルは難しいのはわかってるけど、それにしても固かった。
リレハンメルだっけな、原田の失速の時から、日本ジャンプ陣で一番好きなのは葛西。
素敵な笑顔で原田を慰めていた姿が忘れられない。
しかし、その天才・葛西が、五輪で金メダル無しってのはどうにもいただけない。
それが五輪なんだろうけど、どうにも不公平な感じでかわいそうでならない。

金メダルが無理なのはわかってるけど、おそらく最後の五輪、ぜひ頑張ってほしい。
もちろん、岡部にも。
団体銅は狙えるレベルにあるのかなあ。


スポンサーサイト


- | 14:04 | - | -
コメント
コメントする