かつかつBlog

野球に関することを中心にグダグダ書いていたんですが、最近はなんでもあり状態のラクガキです。過去ログは消えてしまいました。
なので王選手の記録などは、跡形もないです。それと好き嫌いと思い込みが激しいので、読んで気分悪くさせたら御免なさい。先に謝っておきます。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
魔球ロワイヤル


RECENT COMMENT
超厳選「野球おすすめサイト」
NPBにもSabermetricsの波が!
野球をもっと楽しくする
新しい視点やヒントが満載の
サイトを集めました。






SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- | | - | -
ノムさん
打者の対応型

 野村監督は、打席での打者の対応のしかたを以下の4タイプに分けて分析している。

 【A型】特にヤマを張らず、直球に重点を置きながら変化球にも対応しようとするタイプ。
 【B型】内角球か外角球か、狙う球のコースをどちらかに絞り込むタイプ。
 【C型】打つ方向を、右方向か左方向かに決めるタイプ。
 【D型】直球か変化球か、球種にヤマを張るタイプ。



タイプを分けるのはともかく何を分析しているんだろう?
リンク先の記事は打者目線で書いてるけど、1打席毎の捕手目線(てか投手目線)っていうヤツなのでしょうか?

ま、目的は、なんでもいいけど、考えて野球してる感はなんとなく魅力的ではある。
なーんも考えてない感は、競技者や競技そのものの位がちょっと下がる感じなのもよくわかる。
考えた挙句になんも考えないという選択は、普通のなんも考えてない感と区別できるのか微妙。

たぶん、そのときはわからないでしょう。


スポンサーサイト


- | 00:26 | - | -
コメント
コメントする