かつかつBlog

野球に関することを中心にグダグダ書いていたんですが、最近はなんでもあり状態のラクガキです。過去ログは消えてしまいました。
なので王選手の記録などは、跡形もないです。それと好き嫌いと思い込みが激しいので、読んで気分悪くさせたら御免なさい。先に謝っておきます。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
魔球ロワイヤル


RECENT COMMENT
超厳選「野球おすすめサイト」
NPBにもSabermetricsの波が!
野球をもっと楽しくする
新しい視点やヒントが満載の
サイトを集めました。






SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- | | - | -
花巻東の菊池雄星
もちろん自分の進路は自分で決めればいいわけですが
日本野球界にとっては、菊池雄星はそんなに積極的に獲りにいかんでもいいのではないかなとちょこっと思った。

「行くor行かない」が、あからさまに「(能力的な意味合いで)行けるor行けない」なんていうふうに
捉えられる未来になったりするのも気持ちよいもんでもないし。

でもまあ、そんなこと言って諦めるには惜しすぎる人材ではあるんと思うんだけどね。



と日本野球のことを考えてるかのようなことをいいつつ、私自身、びっくりするほど日本の野球に疎くなってしまった。
野球の洗礼を受けて以来、もっともプロ野球をみなかった1年になったのは間違いない。
今シーズン抜群の成績を残した中日の2人のタイトルホルダーである
チェンと吉見一起の投球を今回のCSで見たけど、二人のピッチングの何がいいのかよくわからなかった。

好投手であるのは間違いないんだろうけど、そこまでの好成績をあげるほどの圧倒的なボールや技がどこにあるのかがわからなかった。
おそらく打てそうで打てない球速以外の微妙な何かがあるんだろうけど(現にヤクルト打線は打ちあぐねていたし)
野球眼の足りない私にはその何かを読み取れなかったです。

二人が本調子ではなかったのかもだけど、そういう意味では、これは、文字通り悪い意味でヤバイと若干思った。
(ナンバー1選手、特に圧倒的成績を収めた選手にはわかりやすさが必要だと思うので)


とはいえ、それでも客はどの球団も結構入ったようなので、
プロ野球は絶対的な意味でのレベルの高低を問わない道をしっかり選んだのかもしれないとも思った。
言い換えれば、地域密着が成功した証がそこにあるんだろうし、存続の目処もそこそこついたという結果の現れなんだろうけど、
それだけで進むなら、残念なことに私のように「プロ=凄い」という方程式だけで快楽を覚えてきただけの
俄かファンはここで完全に脱落してしまうのかなとぼんやり考えもした。





スポンサーサイト


- | 23:04 | - | -
コメント
コメントする